• 単身者向けの小規模なコインランドリー

    コインランドリーといえば、洗濯機を持たない人が利用するイメージがあります。
    洗濯機を持たない人というのは、大多数が単身者であり、単身者が洗濯をする量というのは限られており、多くのものを一度に洗うケースというのは想像しにくく、両手に洗濯物を入れた袋を持てるレベルのものしか持ち運びができません。つまり、最初から単身者世帯を想定したコインランドリーを始めることで小規模なコインランドリーにすることができます。

    最近何かと話題のコインランドリー情報をお教えします。

    小規模なコインランドリーということは、洗濯機や乾燥機の台数をできるだけ少なくしていくことが求められます。

    小規模にすることのメリットというのは手狭な土地で経営をしていくことができるというものです。


    コインランドリーといえばある程度の広さが求められるイメージがありますが、少し前まではそこまでの広さは求められていませんでした。

    それは単に洗濯機が何台か置いてあるようなところでも成立していたためで、乾燥は別にしなくても、家で干せばいいという人は単身者に多くいます。



    乾燥機も必要最低限にすることができるため、費用面に関してもかなり少額で済む可能性もあります。最近では利便性を高めることが注目されたり、使い勝手のいいところが増えていますが、単身者の場合、そこまでのことはあまり考えていません。



    むしろ安く利用できればそれに越したことはないため、費用を軽減する分、料金を安くして回転率を高める方がプラスに働くと言えます。