• コインランドリーの経営にフランチャイズは必要なのか

    コインランドリーにはフランチャイズもあるため、経営を行う際に加盟した方が良いのか検討する必要があります。全体で見ると個人で経営している人が大半であるため、加盟してサポートを受けることで有利になると考える人もいますが、なぜこのような実態になっているのか理由まで把握してどちらが良いのか比較しましょう。

    まず、コインランドリーのフランチャイズでは一部ではロイヤリティが発生するところもありますが、多くが無料になっています。
    これは開店時の設備の導入まではサポートするものの、それ以降は自分で経営することになるためです。

    コインランドリーに注目が集まっています。

    洗剤がなくならないように補充するだけなのでコンビニやスーパーのように流通経路を確保しなくて良く、接客業でもないので特別なノウハウも必要ないため、このような形式になっています。



    フランチャイズに加盟すればコインランドリー経営の立ち上げは容易になりますが、問題点もあります。



    加盟店はサービスを均等にしなければならないため、独自の考えで差別化できなくなります。

    これは店舗を構えた地域に競合店が後からできたときに不都合があり、個人経営であれば状況を調査して客が来るような工夫を行えますが、フランチャイズに加盟しているとそれができなくなります。立ち上げの際は便利ですが、それ以降は加盟していることが制限となってしまうこと、専門的な知識が必要ないことから加盟しない人が多い業界になっています。

    均等なサービスで無難に経営するのであれば加盟すると良いですが、独自サービスを考えたい場合は個人経営が適しています。